セブンイレブンのおでんの特徴

いまではどこのコンビニでも販売してますが、冬も夏もおでんを売りはじめたのは「セブンイレブン」です。美味しさでも評判、その秘密は?

サイトトップ > 地方でおだしの味を変える、芸の細かさが憎い!

スポンサードリンク

セブンイレブンのおでんの特徴

地方でおだしの味を変える、芸の細かさが憎い!


「セブンイレブン」のおでんは全国的に人気ですが、味は全国均一ではないのです。「セブンイレブン」のおでんファンなら誰でもご存じのように、その地その地に合わせて地域性、風土を重視したおでんのだしを提供。


だしがおしょうゆ色をした関東風のおでんは関西では関東炊き(かんとだき)と呼ばれていて、関西ではおでんと認められていない(?)ほどおでんは地域によって味に特徴があるんです。


たとえば、がっしり骨太なコクが好みの北海道はイワシがメインのだし、関東は濃いめのカツオがメインのだし、薄味好みの関西は上品な昆布だし、とんこつに代表されるようにこってり系が好まれる九州ではとりがらベースのだし。地域のひとびとのハートと舌をがっちりつかむ、この芸の細かさが心憎いんです。


で、やっぱりおでんは「セブンイレブン」っていう流れになるんですね。おまけにおでん種も地域によってちがうのだそう。


北海道に行けばしゃきしゃき甘い笹タケノコが味わえ、関東では濃いめのおだしをたっぷり吸ったちくわぶが食べられ、九州や中国地方では豚なんこつが入っているんですって。「セブンイレブン」のおでん食べ歩きの旅でも企画してみたくなってしまいますよね。


セブンイレブンのおでんの特徴